1級建築士学科試験 2020年4月の学習スケジュール

建築士の勉強も4ヶ月目に入りました。
今月一番忘れてはいけないことは、
受験申込の手続きです。

郵送での受付は今日から始まっています。
インターネットでの受験申込みは
13日からなのでもう少し時間がありますので
忘れずに申込みするようにしましょう。

コロナウイルスの関係で
各種資格試験の実施が延期や中止となっていますが、
建築士試験に関しては
今のところ受験申込書の
窓口提出が中止になったのと、
それに伴う郵送受付期間の変更がありましたが、
試験日自体の延期や中止の発表はありません。

今日は2020年4月の学習スケジュールについてまとめていきます。

2020年4月に勉強する科目

今月からは5科目全てを勉強していきます。
法規・構造の2巡目を進め、
施工は1巡目の残りを終わらせてから2巡目を進め、
計画、環境・設備の1巡目をスタートします。

2巡目が思っていた以上に
時間がかかってしまっているというか、
1巡目にやったことが
あまり頭に残っていないというか、
絶賛苦戦中です。

今更ながら今年は試験日が2週間早まっていることの
インパクトが大きいなと感じています。

オリンピック・パラリンピックが
延期になったことだし、
試験日もいつもの7月第4日曜日に
してもらえたら少し気が楽かな。

ゴールデンウィークが最初の合否分岐点?

少し先の話ですが、
今月の終わりからゴールデンウィークが
始まります。

建築士試験の資格学校での授業の出席率が
ゴールデンウィークが終わると
ガクッと落ちるそうです。

何がきっかけでこうなるのかわかりませんが
勉強がイヤになってしまう人が多いようです。

ゴールデンウィークを
うまく乗り越えられるかどうかで
合否が決まると言っても
過言ではなさそうです。

では、この期間をどう過ごせばいいのか。

個人的な見解ですが、
ゴールデンウィークだからと言って
勉強の量を増やしたり、
その逆で遊ぶ時間を増やしたり、
いつもと違うことをしてしまうから
ペースが崩れておかしなことに
なってしまうような気がするのです。

連休だからと言って
何かを変えるのではなく、
いつもと同じ事を淡々と進める。
これがゴールデンウィーク中の
最良の過ごし方なんじゃないかと思うので
今年の連休はこんな感じで
すごしてみます。

まとめ

学科試験まであと100日くらいになりました。
僕は1月から勉強を始めたので、
だいたい折り返し地点に来た感じです。

まずはここまで勉強を続けられた
自分を褒めようと思います。
残り半分、今まで同様
淡々と勉強を進めていきたいです。

1級建築士試験4月の学習スケジュール
Twitter更新中