【1級建築士試験】勉強習慣を作る「ポモドーロテクニック」

勉強しようという気持ちはあるけれど、
重い腰を上げることができない。
自分も最初の一歩を踏みだせずに
勉強しなきゃと思っているけど、
結局動かないってことがよくあります。
自分と同じような人が結構たくさんいるんじゃないかと
思います。

そんな人はぜひポモドーロテクニックを使ってみて下さい。
このポモドーロテクニックを使うと
最初の一歩が踏み出しやすくなるんです。

なぜ最初の一歩が踏み出しやすくなるのか。
このテクニックを使って踏み出せる高さまで
最初のハードルをできるだけ低くしてしまうからです。

1時間、2時間は集中して勉強してこそ効果がある。
僕もそう思っていたわけですが
この考え方が勉強を始めるハードルを上げてしまうんですよね。

この記事では、
ポモドーロテクニックとはどういうものなのか、
自分自身がどのように活用しているかについて
書いていきます。

ポモドーロテクニックとは

ポモドーロテクニックとは
「25分の仕事(勉強)時間+5分の休憩時間」
これを1セットとして、繰り返し行うという時間管理術です。

25分間仕事(勉強)→5分間休憩→25分間仕事(勉強)→5分間休憩・・・
と言ったように進めていきます。

使用について気をつけるべき点がいくつかあります。

  1. 4セット終わったあと、5セット目に行く前の休憩は少し長い休憩(20~30分程度)を取る。
  2. 25分間にやる仕事(勉強)はひとつに絞る。
  3. 25分経ったら中途半端な状況でも作業を止める。
  4. 休憩中にスマートフォンやPCは使ってはいけない。

25分間にやる仕事(勉強)をひとつに絞るというのは、
建築士試験で言うと、
25分間で施工だけ勉強する、25分間で法令集のセットアップだけする、
こんな感じです。
25分間で計画と力学をやろうとか、
計画を少しやってビジネス書を読むとか、
そういうのはダメです。

また、25分経ったら途中でも作業は止めなければいけません。
キリの良いところまでやってしまおうというのはダメです。
続きは次のセットで行います。

休憩時間中にPCやスマートフォンを見てしまうと
せっかくの休憩なのに脳が休まりません。
軽く身体を動かしたり、飲み物を飲んだり、
音楽を聴くのが良いそうです。
一番良いのは瞑想とのこと。

自分はこう使っている

本来は25分間になっている仕事(勉強)時間を15分にして、

「仕事(勉強)15分+休憩3分」を1セットとして使っています。

今の自分には25分間という時間でもハードルが高いのです。
試験直前までこんな調子ではダメだと思いますが、
まだ試験まで時間もありますし、
再び勉強を習慣づけることを目標にして
とにかく短い時間でも勉強したという実績を作ることを
意識してやっています。

仕事(勉強)時間の計測には
「集中」というスマートフォンのアプリを使っています。
このアプリは仕事(勉強)時間と休憩時間が
自分の好きな時間に設定できること、
また、何の仕事(勉強)をするかも自分で設定ができ、
設定した仕事(勉強)にどのくらい時間をかけたかを
勝手に集計してくれるという優れたアプリです。
しかも、無料で使えるのが嬉しい。

アプリ「集中」
iOS版はこちら
Android版はこちら

少しだけ行動してみる

考えているだけでは何も変わりません。
何かを変えるには行動するしかありません。
では、行動するにはどうしたら良いか。

行動しやすいような仕組みや環境を
作ってしまえば良いのです。
ポモドーロテクニックも
行動しやすくするための手法のひとつです。
とにかく1回動いてしまえば、あとは楽に動けるように
なるはずです。

自転車も最初のひとこぎ目は力を使いますが、
スピードが出てくるにつれて
こぐのが楽になるのと同じです。

25分が辛ければ、15分。
それも辛ければ5分でも良い。
少しで良いので行動してみましょう。

まとめ

それでは、この記事のまとめです。

  • 最初の一歩を踏み出すために、最初のハードルはできるだけ低くする。
  • 時間管理にはポモドーロテクニックを使ってみる。
  • 少しでも良いから行動する。動かなければ何も始まらない。

ポモドーロテクニックの話をしたかったので、
時間管理の話が中心になってしまいましたが、
時間のコントロールだけではなく、
勉強内容の負荷をコントロールすることでも
ハードルを下げることは可能だと思います。

建築士試験で言えば、
最初から問題を真剣に解くのではなく、
わかる問題とわからない問題の仕分けだけやるとか。

読書で言えば、
最初から全部を読もうとするのではなく、
今日は目次だけ読むとか、第3章だけ読むとか。

負荷を下げることでも
ハードルはかなり下げることができるはずです。
とにかく動かなくては何も変わりません。
小さな一歩でも良いので、
コツコツ積み上げていきましょう。

とまあ、ここまで偉そうにいろいろ書きましたが、
もちろんこれは自分で生み出したものでも何でも無く、
本で読んだことのアウトプットです。
アウトプットすることで身につくと言うことで、
今回記事にしてみました。

最後に読んだ本の紹介をしてこの記事を終えることにします。



ポモドーロテクニック
Twitter更新中